ブログ

2021.05.15

キラキラ健康だより40号「加工されてないものの方がダイエットに○」

暑さが増して夏に近づき、例年よりも早く梅雨に入るような勢いですね。皆様体調はいかがでしょうか?

今日のテーマはダイエット時の食品、料理の選び方に関わるものです。

「加工されていないものの方がダイエットに○」がテーマです。

世の中にはたくさんの食材があります。肉、魚、野菜、卵、生乳などです。

これらの食材は、そのまま食べられるものもありますし、調理しないと食べられないものもあります。また、そのまま食べられるけれど他のものを混ぜて美味しさを広げることも頻繁に行われています。

例えば、肉がウインナーに。米が餅に。生乳がバターに。といった加工品や、コロッケ、ハンバーグ、といったものもそうです。

それらはとても美味しいのですが、ダイエットをしているときは注意したいものなのです。

加工されているということは、他のものも色々含まれているということです。

原材料となる食材に加え、塩や胡椒などの香辛料、油、調味料、保存料、着色料、食感を際立たせるもの、見栄えをよくするもの、など様々なものが加えられています。

加えられるということは、エネルギーバランスが変わるということを意味します。

総カロリーが増えたり、脂質が増えたり、とそのままの食材で食べるより必ず何か増えています。

糖質制限して肉食べれば痩せるらしい!・・・だからハンバーグやウインナーをたくさん食べよう!となると、なんか痩せないな・・・となってしまいかねません。

その食品を見て、元の姿から遠ざかっていれば遠ざかっているほどダイエットには不向きなのです。

ダイエットではなるべく元の姿のままに近い状態で、新鮮なものを食べることが大切です。

素材の美味しさをそのままいただく、という感じが一番しっくりくるかと思います。

ぜひ意識してみてくださいね!

**********************

東京都葛飾区立石4−28−17 

葛飾区セミパーソナルジムといえばセイズジム!

Instagram:@says_gym 

Facebook:@SAYS GYM

YouTube:@gym says

*********************

ブログ一覧へ戻る
lineで体験予約