ブログ

2021.05.04

キラキラ健康だより34号「食べないが一番怖い」

人はエネルギーがないと生きていけません。

そのエネルギーは基本的に口からの摂取からとなります。(点滴や注射という手段もないわけではないですが・・・)

生きるためには食べ続けなければいけないのです。

ダイエットをしたい、一時的に痩せたい、食べ過ぎを解消したい、などで「食べない」という選択をする方がもしかするといるかもしれません。

この「食べない」という手段は一番怖い手段です。

食べないと体内にエネルギーが入ってこないことになります。エネルギーが入ってこない状態でも生き続けなければならないので、どこからかエネルギーを集めてくる必要があります。エネルギーを集めてこれる場所は、自分の体になります。

もちろん、体内には余剰のエネルギーは存在します。脂肪などです。ただし、脂肪も生きる上では必要で体温を保つことや外からの衝撃から身を守るため、万が一の備蓄として、など用途があります。食べなければ、その備蓄としての蓄積分が使用されていきますが限りはあり、蓄積分が使用されると備蓄以外のところからエネルギーを削り出そうとします。

筋肉を分解してエネルギーに

皮膚や髪に使うはずのエネルギーを生きるためのエネルギーに

体温を保つためのエネルギーを内臓を動かすためのエネルギーに

免疫機能のためのエネルギーを削って他のエネルギーに

というように普通の状態であれば普通に使っていたエネルギーのどこかから削ってきてしまうのです。数日程度なら大丈夫かもしれませんが、期間が長くなったり頻度が多くなったりすると体の不調が出る恐れがあります。

最近はファスティングなども流行っていますが、ファスティングは手順があり、事前の準備や事後の準備、回復食なども設定されています。食べないだけ、をピックアップしすぎないように注意しましょう。

食べないが続くと、その後の大きなリバウンドの危険性も高まります。

食べない は体にとって危険です。

生きるための行動が食です。ぜひ大切にしましょう。

**********************

東京都葛飾区立石4−28−17 

葛飾区セミパーソナルジムといえばセイズジム!

Instagram:@says_gym 

Facebook:@SAYS GYM

YouTube:@gym says

*********************

ブログ一覧へ戻る
lineで体験予約