ブログ

2020.11.12

キラキラ健康だより3号「トレーニング前の食事」

こんにちは。朝晩の気温が一桁台になるのが普通になりつつある東京ですね・・・。寒さが一段と厳しくなっている気がします。

今日のテーマは「トレーニング前の食事」です。

皆さんはトレーニング前の食事をどうしているでしょうか?

ジムのレッスンは様々な時間帯に行われていますが、トレーニング効果をより高めるためにトレーニングの前、中、後、の食事はとても大切です。今日はその中でもトレーニング前の食事について考えて行きたいと思います。

まずは摂取する時間についてです。

食事の内容にもよりますが、普通の朝昼晩の食事の直後のトレーニングはあまり良くありません。食事の後は食べたものを胃や腸が吸収しようと働くので、体内の血液が腹部に集まります。

一方で筋トレなどトレーニングは全員の筋肉を使いますので、全身で血液を必要とします。そのために、消化モードで集まる血液を直後のトレーニングは散らばしてしまうので、消化不良になったりお腹を痛めたりする原因となってしまいます。

以上の理由から、トレーニング前の食事はトレーニングの2〜3時間前まで、少量のものであれば少なくとも1時間前までに済ませておきましょう!

次は食事をしておくことの重要性です。

トレーニングはエネルギーを必要とします。そのエネルギーは自分の体の中にあるものでしか賄うことができません。

よく痩せたい!という気持ちから運動前にお腹が空いた状態を作っておき、運動することでさらに痩せるぞ〜!と考える人がいるかもしれませんが、実はそれはあまり良くないのです・・・。

運動すればすぐに脂肪がエネルギーとして使われるかというと実はそうではないのです。様々なエネルギーが使われて行きますが、特にも筋トレは多量のエネルギーを必要とするので脂肪などではなく、エネルギー不足を自分の筋肉を分解することでエネルギー源としようとしてしまうのです!

せっかく筋肉をつけようとしているのが、食事をとっていないことで逆に筋肉を減らすことになってしまっているのです・・・。

エネルギー不足を筋肉を分解することで埋め合わせようとする現象をカタボリックと言います。夜などはそれが起こりやすく、朝ごはんを抜いてしまうと筋肉分解のカタボリックが進行してしまうと言われています。

ということで、適度なエネルギーをしっかりと摂取した状態でトレーニングに臨むことがとても大切なのです!

セイズジムのレッスンに来る前に、何時に食事をとっておこうか、補食をとっておこうか、ぜひご自身のスタイルに合わせて調整してみましょう!

筋肉作り、代謝アップもエネルギー源あってこそです

**************

Instagram:@says_gym 

Facebook:@SAYS GYM

YouTube:@gym says

**************

 

ブログ一覧へ戻る
lineで体験予約